テーマ変更の為デザインが崩れている箇所が御座います。只今調整中。

アフィリエイトに必要なPC道具は?|ウタガワの仕事道具公開

uta

WEB広告業として札幌のカフェを自分の事務所と勘違いしながら転々としているウタガワです

昨年11月にサラリーマン生活に終止符を打ち、WEB広告業として独立したわけですが、一体どんな仕事道具を使ってるの?と極小数の方が気になっていると思いますので勝手に紹介していきます。

あくまでも完全な主観ですので、参考程度にして頂ければと思います。それではどうぞ!

目次

MacBook Pro 16インチ

Mac歴は大学1年生の時からですのでかれこれ10年ですね。

生協で販売されていたレッツノートには目もくれず購入しました。

理由は「カッコいいから」です。 正直スペックなんかどうでも良かったです。

ちょうどiPhoneも日本に上陸した年だったはずです。iPhone3GSからでしたが購入しました。周りの友人はガラケーでしたので優越感に浸ってました。

完全に自己満の世界ですよね。笑

話はそれましたが、それから1番最初に購入したのは白のMacBookです。

それからMacBook Air、MacBook Pro、MacBook Pro Retina、そして現在のMacBook Pro 16インチという感じです。

動画編集やアプリを制作している訳でもないので、Windowsでいいじゃんと言ってしまえばそれまでですが、形から入るタイプですので、Mac以外の選択肢はなかったです。

スマホもiPhoneでしたので尚更です。

※色はシルバー一択です。ここポイント

Macのいいところとしては

  • Displayがキレイ
  • フォントがキレイ
  • カッコいい
  • 片手で開けれる(ジョブズの推しポイント)

とかですかね笑

性能とかはそんなに詳しくないので割愛しますね笑

13インチと16インチを使ってみての感想

以前までは13インチをメインで使っておりました。

個人事業主になって16インチに乗り換えたのですが理由は単純で画面が大きいほうが作業効率が上がると思ったからです。

13インチを2画面で使用することも可能ですが、正直見づらいです笑

16インチですと余裕で作業可能です。

右にドラマの公式サイト左にWordPressでの執筆画面みたいな感じでやってます。

次の紹介するiPadとSidecarで接続すれば更に作業効率は上がります。

13インチと16インチでは約600gほどの差があります。

自分はほぼ車で移動するためあまり気にはなりませんが、電車通勤とかですと重量は大事ですよね、、、車移動ではない方でしたら、13インチとiPad Proの組み合わせが最強です!

13インチ 16インチの比較表

13インチMacBook Pro(2020)16インチMacBook Pro(2019)
デザイン
画面サイズ13.3インチ16インチ
画面広色域(P3)
True Toneテクノロジー
解像度2,560 x 1,600ピクセル(227ppi)3,072 x 1,920ピクセル(226ppi)
Touch Bar
Touch ID
ストレージ(SSD)下位モデル
256GB/512GB/1TB/2TB
512GB/1TB/2TB/4TB/8TB
上位モデル
512GB/1TB/2TB/4TB
プロセッサ下位モデル
第8世代 Intel Core i5 (1.4GHz/4コア)
・TB使用時最大3.9GHz
・128MB eDRAM第8世代 Intel Core i7(1.7GHz/4コア)
・TB使用時最大4.5GHz
・128MB eDRAM
第9世代 Intel Core i7 (2.6GHz/6コア)
・TB使用時最大4.5GHz
・12MB L3キャッシュ第9世代 Intel Core i9 (2.3GHz/8コア)
・TB使用時最大4.8GHz
・16MB L3キャッシュ第9世代 Intel Core i9(2.4GHz/8コア)
・TB使用時最大5.0GHz
・16MB L3キャッシュ
上位モデル
第10世代 Intel Core i5 (2.0GHz/4コア)
・TB使用時最大3.8GHz
・6MB L3キャッシュ第10世代 Intel Core i7(2.3GHz/4コア)
・TB使用時最大4.1GHz
・8MB L3キャッシュ
メモリ下位モデル
8GB/16GB
16GB/32GB/64GB
上位モデル
16GB/32GB
グラフィック
(iGPU)
下位モデル
Intel Iris Plus Graphics 645
Intel UHD Graphics 630
上位モデル
Intel Iris Plus Graphics
グラフィック
(dGPU)
AMD Radeon Pro 5300M
・4GB GDDR6メモリAMD Radeon Pro 5500M
・4GB GDDR6メモリAMD Radeon Pro 5500M
・8GB GDDR6メ‍モ‍リ
本体サイズ30.41 × 21.24 × 1.56 cm35.79 × 24.59 × 1.62 cm
重量1.4kg2.0kg
通信Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
カメラ720p FaceTime HDカメラ
ポート下位モデル
Thunderbolt 3(USB-C)ポート × 2
Thunderbolt 3(USB-C)ポート × 4
上位モデル
Thunderbolt 3(USB-C)ポート × 4
オーディオ・ステレオスピーカー
・ワイドなステレオサウンド
・Dolby Atmos対応
・指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ
・3.5mmヘッドフォンジャック
・6スピーカーシステム
・ワイドなステレオサウンド
・Dolby Atmos対応
・高い信号対雑音比と指向性ビームフォーミングを持つスタジオ品質の3マイクアレイ
・3.5mmヘッドフォンジャック
キーボードバックライトMagic Keyboard
(シザー構造/1mmのキーストローク/逆T時型の矢印キー)
トラックパッド感圧タッチトラックパッド
バッテリー容量下位モデル
58.2Wh
100.0Wh
上位モデル
58.0Wh
バッテリー持ちブラウジング:最大10時間
ムービー再生:最大10時間
ブラウジング:最大11時間
ムービー再生:最大11時間
電源アダプタ61W USB-C電源アダプタ96W USB-C電源アダプタ
カラーシルバー/スペースグレイ
価格(税別)下位モデル
134,800円〜
248,800円〜
上位モデル
188,800円〜

引用元

PCスタンド MOFT

あとノートパソコンを使っている人全員に買っていただきたいアイテムがこちらのMOFT。

当初はクラウドファンディングで資金調達して支援者へ販売していた商品ですが、今はAmazonでも販売されております。

16インチのMacBook Proにも問題なく装着出来ます。

角度は2段階で調節出来ますが、引くいパターンしか使ってません。理由はキーボードが打ちにくいからです!

マウス Logicool M950

これも結構オススメ。

計5個に好きな動作を割り当てれます。

  1. コピー
  2. ペースト
  3. リロード
  4. 電卓
  5. プリント

自分はこの設定にしてます。

ボールタイプやLogicoolのMXシリーズも使いましたが、M950が一番自分にフィットしました。

ただ、チャタリングが発生してくるので、数年に一回変えてますね笑

家にあとひとつストックもあります。そのぐらい気に入ってます。

メルカリとかだと5000円前後で購入出来るのと思うので是非一度試してみてください。

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=daisukeutag09-22&language=ja_JP&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B00GPBAQY8&linkId=2acdc3624818e34f8dc03eb2c3388f2e

USBケーブル+Lightning

YouTuberのカズさんがこちらのUSBケーブルを使っていたので購入しました。ケーブルの厚みもあり耐久性があります。

安価なものですと、使っていくうちに巻取り部分が壊れてきますが全く問題なし!

L型Type-Cケーブルと充電器

なんか全部オススメって言ってる気がしますが、これもオススメです。

純正のケーブル、充電器はもちろんいいのですが、長いし、重いですよね?そして差し込みがまっすぐなのが気に入らない!笑

ということで今すぐ替えちゃいましょう。

L型ですので邪魔になりませんし、iPad Proを充電する時も操作しやすいんですよね。

それと、この小型の充電器が素晴らしいです。

61Wと勿論純正より劣るのですが、かなりコンパクト。

そして窒化ガリウムという謎の半導体素材を使ってることにより小型かつハイパワー充電器になったみたいです。ありがとう!

評価もバカ高いです、充電速度も全くきになりません。

ケーブルをまとめるマジックテープみたいのもAmazonで売ってるのでついでに買ったほうが良いですよ。

iPad Pro 9.7インチ

PCと一緒に毎日持ち歩いているのがiPad Pro9.7インチです。

Macのサブディスプレイやキンドルでの読書、ドラマ視聴や楽天マガジンで雑誌を読んだりですね。

iPad Proだけで仕事が出来る!という人もいますが、アフィリエイターやブロガーでは少々物足りないかも。

仕事2割娯楽8割って感じで使ってます。

iPadとiPad Proで悩んでる人へ!

絶対にiPad Proの方がいいですよ。

理由はペンって右側に装着できて給電されるのですが、左利きの人ですと取りにくいですよね? iPad Proは上下反転するので左側にカチッとはまります。

それとfaceIDですので、上下どちらでもロック解除できます。

また、ベゼルも狭いので画面が大きく、そしてカッコいい笑

iPad Pencil

そんなに出番なし!

特筆するコメントはないですね笑

iPad用 MOFT

PC同様iPadにもMOFTを装着してます。

裸にMOFTです。

クリアケースに貼ってましたが重くなるしデザイン的に裸が一番かっこいいのでこのスタイルです。

こちらも2パターンの角度で立てることが出来ます。

この様にクイっと中に折ることにより低く出来ます。座る椅子の高さによって変えてます。

AirPods Pro

説明不要の商品AirPodsProです。

ノイズキャンセリングイヤホンは以前SONYの名前が長ったらしい商品を使っていたのですが、即こちらに変えました。

確かに音質はSONYの方が優れていると思いますが、装着感やノイキャン機能はこっちのほうが優れていると思います。

SONYの時はランニングする時にダンダンダンって足音が自分に響く感じです。わかりますか?笑

そして、装着感が悪く、落ちる。結構な萎えポイントでしたね。

AirPodsProはそんなことないので、ジョギングだろうがダッシュだろうが筋トレだろうがいけます。

高いですが、毎日付けるものですので良質なものを買ったほうが結果的に得します。

デスクマット

最近買って良かったのがデスクマットです。

大きさはこんな感じ。16インチのPCとマウスでのスペースが確保されるぐらいあります。

カフェで作業することが多いのですが、机がボコボコでコピペしてる時に稀に外れることがあってストレスだったんですよね。

そのストレスから開放されます。

また、これを敷くことで仕事モードにもなるのでオススメです。

ローランドも食事の時にランチマットを敷いて食べるのでそれと同じ感覚です。笑

フェイクレザーですが本物のレザーのような質感で決して安っぽくないです。

iPhone11Pro

最後は使っているスマホの紹介です。

iPhone11Proのシルバーです。

毎年新型に変えてます。

理由は「毎日使うものこそハイスペックに」というマイルールがあるのですが、動作がもっさりしたり、処理が追いつかずクラッシュしたり、固まったりしたらストレスになりますよね?

そういうストレスが減るのであれば惜しみなく替えます。

そして、楽天の格安SIMを使っているので、毎度一括での購入です。

で、替えたらラクマとかで全然売れるます。ですので、日割りすればそんな高くないんですよね。

アップル製品のいいところはリセールした時も価格がそんなに暴落しないことですよね。地味にここがでかいと思います。

買った瞬間に価値が急激に落ちるものはあまり買わないほうがいいですよね、買ったとしても中古で買うとか。

まとめ

今回ご紹介したものをリンクから買って頂けると私にアフィリエイトフィーが入るようになっておりますので是非お買い求め下さい。

ここまで初心者の方が揃える必要はありません。

ただ、仕事道具となるPCは少し頑張って購入した方がいいと個人的に思います。

DELLとかマウスコンピューターやクロームブックなどは5万前後でサクサク動くと思います。

起動するのに何分もかかったり、複数のアプリやタブを開くと固まってしまう化石みたいなパソコンは今すぐハードオフに持っていきましょう。いつまで経っても稼げないマインドになってしまいます。

仕事道具は浪費ではなく投資ですので間違えないように。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる